地震に強い!耐震設計の石塔が遂に完成!

なぜ、耐震設計の石塔が求められるのか? ~お客様にお伝えしたいこと~

菊田神社(千葉県習志野市)完成

東日本大震災では各地の神社の石構製品が数多く倒壊しています。その中でも、耐震設計の石構製品を全て施工できる弊社の技術により、多くの神社が耐震化に成功しております。特許も取得した確かな技術により、これから先、都市直下型や東海・東南海・南海地震と、地震がまだまだ起きる可能性が高くなる中、ご参拝される皆様に危険が及ばないような安心安全な石構製品をお勧めいたします。また、直接加工と直販により、製品の質の良さと低コスト化を両立いたしました。

スパイク工法との組合せによるさらに強固な耐震構造の実現

剛構造の石構構造のスパイク工法を組合せ、さらに強固な耐震構造を実現しました。

今までの弊社の剛構造の石構製品に、新たにオリジナル新技術「スパイク工法」を組み合わせ、理想的な耐震構造を実現いたしました。
このスパイク工法は、鉄の平鋼に一定間隔でねじってある杭を地面に貫入することで、軟弱地盤など設置が困難だった場所でも簡単・スピーディーに施工でき、地震の揺れを軽減します。従来の基礎工法と比較しても改良点が多く、建築物にも最近多く使用され、注目を浴びている工法です。また、性能証明取得もいたしました。

対策前の神社における地震の被害状況

地震の切迫性

写真提供:金沢大学 池本博士 撮影

そんな被害を抑え、ご参拝の皆様に安心・安全な耐震石塔が遂に完成!!

金沢大学での実物耐震実験をご覧ください!

阪神大震災(M7.3)でも倒れない!!

神前灯籠

春日灯籠

岩手・宮城内陸地震(M7.2)でも倒れない!!

神前灯籠

春日灯籠

▲ページトップへ

金沢大学との共同研究で実現・実証された強さのヒミツ!

強さの秘密は、越前独自の軸構造により大型地震にも耐え得る石塔なのです。

阪神大震災、能登半島地震、岩手・宮城内陸地震の実験を行い、耐震設計が実証されました。

金沢大学 実験メンバー

 金沢大学             実験メンバー

金沢大学との共同研究で実現した越前オリジナル耐震設計の石構製品。
実物を使用した阪神大震災、能登半島地震、岩手・宮城内陸地震の耐震実験を行い、耐震設計が実証されました。
その地震に強いヒミツは、石構製品にステンレス鋼を入れ、ナットで締め付ける越前独自の軸構造(特許 第4612113)。
これは、石の圧縮に強い特性と、ステンレス鋼の引っ張りに強い特性を活かした独自の軸構造で緊張力を高め、地震に強い石構製品を生み出しています。

※耐震石構製品は、機上の実験であり、自然災害を保障するものではありません。

商品種類

  • 神前灯籠 3尺~7尺
    1対(2本)セット
  • 春日灯籠 5尺~15尺
  • 五層塔 5尺~8尺
    五層塔~十三塔まで承ります
  • 鳥居
  • 狛犬
  • 玉垣

お寺、神社、設計・工事関係の方へ

▲ページトップへ

全国の皆様へ、まずはご一報ください!!

▲ページトップへ